柴犬 鼓太郎と小夏の陽だまり

アクセスカウンタ

zoom RSS カートから降りたいときの合図

<<   作成日時 : 2017/06/17 09:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、小夏です。基本的にカートに乗っているときは、大人しく収まっているあたしですが、散歩の時にカートに乗りぱなっしという老犬ではないので、適度に地面を降りたくなると、特定のポーズをとって、おとうさんおかあさんに合図を送ります。

画像

どんな姿勢かと言うと、カートの中できちんと良い子座りをしています。こんな感じです。あたしの下半身見えますか。

画像

で、カートに乗っているのに飽きて、降りたいということを伝える時には、この姿勢になります。カートのドームで下半身が隠れてて、ちょっと分かりにくいかもしれないけど、カートの中で完全に立ち上がっています。

これが、カートから降ろしてくださいというあたしの要求ポーズです。

画像

去年、鼓太郎からカートを受け継いだばかりの頃、おとうさんもおかあさんもあたしがカートの乗り方を理解してない、と思ったそうです。だもんで、いつも「小夏、立ち上がると危ないよ。落ちちゃうよー」、とあたしの腰を押し付けて無理やり座らせていた。

でも、一ヶ月くらいで、ああ、これが小夏流の降りたいときの合図なんだと分かってくれました。鼓太郎の降りたいときの合図とは全然違ったから、戸惑ったみたいです。

ちなみに鼓太郎の降りたいときの合図は、実力行使。カートから身を乗り出して、おとうさんとおかあさんがもたつくと自分で飛び降りてた。もちろん、まだ元気だった頃だけどね。

最後に自分で飛び降りた時、顔から地面に落ちて歯が欠けて、それで懲りたのか、その後、飛び降りることなくなって、手でカートのへりをちょんちょんするように変わった。顔から落ちた頃が、体力落ちた境目だったのかもしれない。飛び降りるだけの体力が、それからはなくなってしまったのかもしれないね。

あたしは、体力はまだあるけど、そもそもそんな無謀なことはしない。なんたってレディですから。昔はお転婆だったけど・・・。


↓カラ梅雨でも参加中!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カートから降りたいときの合図 柴犬 鼓太郎と小夏の陽だまり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる